最近詐欺が流行っているみたいだから、きみもこれ入れておいたほうがいいよ!

ちょっと待って!そのメッセージ誰から...?

あなたのアカウントが狙われている!

LINEアカウントを乗っ取られるとどうなる?

アカウントには大切な個人情報や資産が
紐づいています。

LINEアカウントを乗っ取られてしまうと、
他人が自分になりすまして他の人へ攻撃したり、権限を勝手に使われてしまいます。

アカウント泥棒の主な手口

アカウントはこうやって盗まれる

  • LINEを名乗るメールから

    特徴

    • 本物っぽく偽装された送信元
    • 「緊急」と焦らせ「安全」と信頼させ、判断力を鈍らせる
    • 「それっぽい」URL文字列
    • URLの先はLINEのログイン画面とよく似たデザイン
    実際の文面をみる
  • 友だちのなりすましから

    特徴

    • 友だちから送られてくる
    • 実際の関係と不釣り合いな接し方をする
    • 日本語におかしなところがある
    • 個人情報を聞いてくる
    • 怪しいURLに誘導してくる
    実際のやりとりをみる

アカウント泥棒から身を守る方法

"ちょっと待てよ?" 自分の身を守る、4つの立ち止まりポイント

  • パスワードは単純な文字列を
    使用しない。
    パスワードは使いまわさない。
  • 怪しいメールやメッセージが
    届いたらまず疑う。 LINEからログインを促すメールを送ることはありません。
  • 疑わしいURLは踏まず、
    正規のLINEアプリやブックマークから
    アクセスする。
  • URLを開いても、
    ログイン情報※を入力しなければ大丈夫。
    ページを閉じましょう。 ※LINEのログイン情報とはメールアドレス、パスワード、
    電話番号、SMSに送られてくる6桁の数字(SMS認証番号)です。

LINE公式アカウントの
見分け方

アカウント名「LINE」の左に緑の公式バッジがついているものがLINE公式からのメッセージになります。 LINEのLINE公式アカウントからは、他のデバイスからのログイン通知のほかに、災害に関する情報など重要なメッセージを発信することがあります。
(バッジの表示はスマートフォン版アプリに限ります)

ログイン情報を渡してしまったら

乗っ取られてしまったときの対処法

LINEが提供する乗っ取り対策機能

  • ログインの通知機能

    他の端末でログインが検出されると、手元のスマートフォンに通知が届きます。
    自分がログイン操作していないタイミングでは警戒するきっかけになります。

  • 「ログイン許可」設定

    パソコンやタブレットなど、スマートフォン以外の端末からのログインを可能にする機能です。複数端末で利用するためにデフォルトではオンになっていますが、オフにすることで乗っ取り対策に有効です。
    [ホーム]>[設定]>[アカウント]>[ログイン許可]から設定ができます。

  • 「ログイン中の端末」設定

    アカウントや関連サービスにログイン中の端末をスマートフォンの[ホーム]>[設定 ]>[アカウント]>[ログイン中の端末]から確認できます。
    見覚えのない端末がないか、チェックしてみましょう。

アカウント泥棒を見つけたら

フィッシング詐欺は実際の被害に遭うまで事件が表面化しづらく、厄介な詐欺のひとつです。
有効な対抗措置を実施するため、ユーザーの皆様のご協力が必要です。
LINEの名を騙る詐欺メールを見かけたときは、以下のアドレスへ転送してください。

フィッシング詐欺報告用メールアドレス

dl_pm-report@linecorp.com

※情報収集用のアドレスのため、こちらから返信を行うことはございません。

また、LINE上で自分や友だちのアカウント乗っ取りを見かけたときは
LINEの「通報」機能から通報してください。
LINEで通報する方法

LINEでは、皆さんが安心安全にコミュニケーションを楽しめるよう、
引き続きセキュリティー強化に努めてまいります。

LINEではセキュリティに対する様々な取り組みを行っています。