【絶対に検索してはいけない】"あの言葉"を神尾楓珠がLINEの音声検索で体験!映画『樹海村』インタビュー

UPDATE 2021.02.05

interview009_1.jpg

「恐怖の村」シリーズの第2弾として、2月5日(金)より公開となる映画『樹海村』。自殺の名所として世界的にも広く知られる富士の樹海を舞台に、インターネット上で"絶対に検索してはいけない"と語り継がれる通称「コトリバコ」と呼ばれる呪いの箱にまつわる恐怖が描かれます。そんな本作で、ホラー作品初挑戦を果たしたのが、俳優の神尾楓珠さん。撮影中の思い出をはじめ、映画『樹海村』LINE公式アカウントLINEの"音声検索・操作"機能を活用した特別コンテンツをいち早く体験していただきました!

ホラー映画初挑戦!「子供の頃『呪怨』の俊雄くんの真似をしていました」

――映画、怖く面白く拝見させていただきました。まずは、映画『樹海村』に出演が決まった時のお気持ちを教えてください。

神尾楓珠(以下、神尾):子供の頃にホラー映画を観ていて「どうやって撮っているんだろう?」と疑問に思っていました。今回、初めてホラーに出演して、自分の目で撮影風景を見ることが出来てとても良い経験になりました。不気味な特殊メイクの方も普通に控え室にいるのが面白かったです(笑)。

――神尾さんは子供の時にどんなホラーをご覧になっていたのですか?

神尾:『呪怨』が好きでした。布団に入っているシーンは本当に怖すぎて......。俊雄くんの喉の音とかをよく友達と真似していました(笑)。『呪怨』の清水崇監督は『樹海村』の監督なので、お会い出来て嬉しかったです。シリーズ前作にあたる『犬鳴村』も拝見しましたが、日本のホラーらしさが詰まったじっとりとした怖い作品でした。でも、実際の清水監督はお茶目な方で、そんなホラーを撮っている様な方の雰囲気ではなかったので驚きました。

interview009_2.jpg

――子供の頃に観ていた映画の監督さんとお仕事でご一緒するというのは贅沢な経験ですよね。実際に富士の樹海に訪れての撮影は大変だったのでは無いでしょうか。

神尾:やはり独特の空気というか、雰囲気が漂っていました。すごく疲れましたし、疲れもとれづらかったと思います。撮影前にはキャスト勢とスタッフさん皆でお祓いに行きましたが、撮影後にも本当は自宅にも塩を置いたりしないといけないのに、疲れすぎてそのまま寝てしまい、金縛りにあいました。

――それは、何とも恐怖体験ですね......!

神尾:霊感はないのですが、金縛りにはよくあいます。でも『樹海村』の後にはずっと独特の空気が部屋にあった気がして...最近やっと無くなりました。

――山田さん、山口さん、倉さんとは同世代だと思いますが、撮影の雰囲気はいかがでしたか?

神尾:山田杏奈ちゃんとは以前も共演経験があったのですが、僕も皆も人見知りなほうで、最初はお互い探り探りな感じでした(笑)。でも倉(倉悠貴)が雰囲気を盛り上げてくれて、すぐに打ち解けて。今も倉とよく連絡をとっています。撮影時は杏奈ちゃんと、山口まゆちゃんは19歳だったのですが、今は20歳を超えたので、落ち着いたら皆で乾杯したいなと思っています。

interview009_3.jpg

"してはいけない"と言われるとしたくなる...LINEで「コトリバコ」の恐怖を体験

――今回、劇中で「コトリバコ」という呪いの箱がキーワードとなっています。元々はネットの怪談スレで話題となり、 "絶対に検索してはいけない" 今でも語り継がれていますが、神尾さんはこの「コトリバコ」という言葉やお話はご存知でしたか?

神尾:「コトリバコ」は今回の映画で知ったのですが、"絶対に検索してはいけない言葉"というのは中学生の時に流行っていて、友達がみんな調べていました。僕はその時はあまり怖い話に関心が無かったのですが、"検索してはいけない"と言われると、つい検索してしまう気持ちはすごく分かります。

――実はLINEには、音声で検索や操作ができる機能があるのですが、ご存知ですか?ぜひ「コトリバコ」とLINEに話しかけてみてください。

神尾:そんな機能があるんですね。初めて使います。
(LINEに向かって)「コトリバコ」。

interview009_4.jpg

神尾:わ......! なるほど、こうなるんですね。反応がはやくてビックリしました。すごい、文字がバグった感じになってて...怖いですね。こういう演出がされていると、怖くてもつい見ちゃいますね...。
(編集部:何が起こるのかは...皆さん是非お試し下さい!)

>"音声検索・操作"機能の利用方法はこちら

>映画『樹海村』×LINE音声検索"絶対に検索してはいけない"特別企画の詳細はこちら

interview009_5.jpg

――実は、映画『樹海村』のLINE公式アカウントでも、「コトリバコ」と入力すると何かが起こるんです...。

神尾:えっ、そうなんですか?「コトリバコ」と入力......。

interview009_6.jpg

神尾:ちゃんと自分でどちらか選択することが出来て、それによって出てくる内容や映像が変わるんですね。すごい!気味が悪いですね(笑)。テレビ等では無く、自分のスマホに出てくるというのが、また怖いですよね。僕は怖いものをみても反応が薄いほうなのですが(笑)、これは夜中に見たらびっくりすると思います。音声検索もLINE公式アカウントも、ぜひ皆さんも試してみてください(笑)。

interview009_7.jpg

>映画『樹海村』LINE公式アカウントはこちら

活用中の機能・スタンプは?「お父さんが"神尾スタンプ"を見つけると贈ってくれます」

――神尾さんは普段お仕事やプライベートなどでLINEは使われますか?お気に入りの機能やスタンプがあれば教えて下さい。

神尾:仕事でもプライベートでも、LINEはたくさん使っています。仕事にはKeepメモを活用していて、大事なトークやファイルを遡らずに見れるので便利です。スタンプは、友達がデザインした物をプレゼントしてもらったり、お父さんが「神尾」スタンプを見つけると贈ってくれるので、20個くらい神尾スタンプをもっています(笑)。

――神尾スタンプたくさん持っていらっしゃるんですね!(笑)ぜひ、神尾楓珠スタンプも作りましょう! 神尾さんの色々な表情とか、口癖があったりするとファンの方が喜んでくれそうですね。

神尾:すごく作りたいんです! 口癖は...あんまり無いと思うんですけど、わざと若者ぶって「ま?」はよく使います(笑)。

interview009_8.jpg

――ぜひ、実現することを楽しみにしています! 最後に、映画を楽しみにしているファンの皆さんへ見所を教えてください。

神尾:ホラーというのは、自分たちだけが驚いているのではダメで、観てくださった方に驚いていただかないといけないから、とても難しかったですし、これまでに無い経験ができました。映画の中で僕は結構とんでもないことになっているので(笑)、ぜひご覧になって皆さんもびっくりしてください。

interview009_9.jpg

――今日は楽しいお話をどうもありがとうございました!

(取材:中村梢/撮影:稲澤朝博)

映画『樹海村』作品情報

2020年2月に公開し、非常事態下において異例の興収14億円、110万人を震撼させた映画『犬鳴村』。続く「恐怖の村」シリーズ第2弾の舞台は、令和の時代となった今もなお禁足地として存在する富士の樹海。そんな森の奥深くには、何者かが暮らす村が存在した。そして、封印されし凶悪な呪いの箱・・・!「絶対に検索してはいけない」とインターネットの怪談スレで語り継がれる、通称"コトリバコ"。逃げても逃れられない箱の恐怖と「SUICIDE FOREST」として世界的に有名な富士の樹海がもたらす負の引力。ホラー界の巨匠・清水崇監督が、断ち切れない呪いがもたらす狂気と混沌の世界へ観客を引きずり込む!

出演:山田杏奈、山口まゆ、神尾楓珠ほか
監督:清水崇
主題歌:CHiCO with HoneyWorks「鬼ノ森」(ミュージックレイン)
製作:「樹海村」製作委員会
配給:東映
2021年2月5日(金)公開
公式サイト:https://jukaimura-movie.jp/

interview009_10.jpg

【期間限定】神尾楓珠サイン入りチェキを2名様にプレゼント!

※本キャンペーンは終了いたしました。
最後に、ここまで記事を読んでくれた皆さまに嬉しいお知らせです!
今回インタビューに登場してくれた映画『樹海村』に出演する神尾楓珠さんのサイン入りチェキを2名様にプレゼントいたします!

応募方法は簡単!
LINE公式Instagramをフォローして、キャンペーン投稿のコメント欄に映画への期待のコメントor感想コメントを入力するだけ!

皆さんのたくさんのご応募お待ちしています!

◆プレゼント内容
神尾楓珠さんサイン入りチェキ:2名様

interview009_11.jpg

◆応募期間
2021年2月5日(金)~2月11日(木)23:59

◆キャンペーン参加方法
①LINE公式Instagramアカウント「@linejp_official」をフォロー。
②以下のキャンペーン投稿のコメント欄に、映画への期待のコメントor感想コメントを入力。

◆当選のご連絡
当選された方にはInstagramのDM(ダイレクトメッセージ)にてお知らせいたします。DM(ダイレクトメッセージ)に記載されたURLからご当選者様入力フォームにアクセスいただき、入力期間内に必要情報をご入力ください。

◆賞品の発送
賞品の発送はキャンペーン終了後、2021年2月下旬~3月上旬ごろを予定しておりますが、都合により前後する場合がございます。予めご了承下さい。

◆ご注意事項
・本キャンペーンはLINE株式会社(以下、当社)が行っております。
・必ずLINE公式Instagramアカウント「@linejp_official」をフォローして、指定のキャンペーン投稿のコメント欄に映画への期待のコメントor感想コメントを入力してください。
・本キャンペーンへの応募は、日本国内在住の方に限らせていただきます。
・当社または第三者の名誉を毀損する内容、誹謗中傷する内容、及びこれらに該当するおそれがあると当社が判断した内容のコメントを投稿した場合には応募は無効とさせていただきます。
・LINE公式Instagramのフォローを外さないようお願いいたします。また、アカウントのプライバシー設定から、メッセージリクエストを必ず許可してください。⠀
・15歳未満のお客様が本キャンペーンにご応募される場合には、保護者の同意を得た上でご応募いただけますようお願いいたします。
・LINE公式Instagramのフォロー解除、ブロック等何らかの理由で当選案内がお届けできない場合、参加や当選の権利を無効もしくは取り消しとさせていただきます。
・当選者の発表は、当選者へのご案内をもってかえさせていただきます。選定の結果や基準等についてのお問い合わせには応じかねますのでご了承ください。
・同一の方による複数のアカウントからの応募、不正なアカウントからの応募その他当社が不正行為と判断した場合、および応募者が下記の禁止事項に違反したと当社が判断した場合には当該当選または応募は無効とさせていただきます。
・当選者様には別途DM(ダイレクトメッセージ)で賞品発送先の入力フォームを送付いたします。必ずLINE公式instagramアカウント「@linejp_official」をフォローしてください。
・Apple Inc.及びApple Japan合同会社は、本キャンペーンの主催者ではなく、本キャンペーンと一切関係がありません。
・本キャンペーンは、Facebook社・Instagramとは一切関係ありません。
・お客様の個人情報は、賞品発送、本キャンペーンに関する当社からのご連絡に利用し、その他の取り扱いは、当社プライバシーポリシーに従います。

◆禁止事項
・お客様は、本キャンペーンへの応募に際して、以下に記載することを行なってはなりません。
・法令、裁判所の判決、決定もしくは命令、または法令上拘束力のある行政措置に違反する行為
・公の秩序または善良の風俗を害するおそれのある行為
・当社または第三者の権利を侵害する行為
・他のお客様に対する嫌がらせや誹謗中傷の内容、その他反社会的な内容または他人に不快感を与える表現を、投稿または送信する行為
・当社または第三者になりすます行為または意図的に虚偽の情報を流布させる行為
・他人の個人情報などを不正に収集、開示または提供する行為
・営利を目的とする行為(当社の認めたものを除きます)、そのほか本キャンペーンが予定している利用目的と異なる目的で本キャンペーンを利用する行為
・当社による本キャンペーンの運営または他のお客様による本キャンペーンへの参加を妨害し、これらに支障を与える行為
・Instagramの利用規約に違反する行為
・上記のいずれかに該当する行為を援助または助長する行為
・その他、当社が不適当と判断した行為

◆免責事項
・当社は、本キャンペーンに関する事項について、事実上または法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。
・当社は、本キャンペーンへの応募によってお客様に生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。
・本キャンペーンは、やむを得ない事情により、お客様への予告なく中止、または内容が変更となることがありますので、あらかじめご了承ください。
・本キャンペーンへの応募のために必要な機器、通信手段、電力等は、お客様の費用と責任でご用意ください。

◆お問い合わせ先
下記のフォームよりお問い合わせください。
https://contact-cc.line.me/detailId/10560
※回答までに数日かかる場合がございます。

UPDATE 2021.2.5

この記事をシェアする