UVERworldのLINE事情を徹底解剖!新曲『AS ONE』&映画『仮面病棟』スペシャルインタビュー

UPDATE 2020.03.06

2005年のデビュー以降、リリースするシングル、アルバムは全てオリコン上位にランクイン。

常に音楽シーンの最前線を走っている「UVERworld」の皆さんに、インタビューを行ってきました!

uverworld01.jpg

[L→R]Drs:真太郎 Gt:克哉 Ba:信人 Vo:TAKUYA∞ Gt:彰 Sax&Manu.:誠果

3月6日(金)より公開の映画『仮面病棟』のために描き下ろした最新シングル『AS ONE』についてのお話はもちろん、「UVERworld」の結成秘話や、皆さんのLINE事情についてなど、盛りだくさんでお届けします!

また、インタビューの最後には、ここでしか手に入らないスペシャルプレゼント企画も用意していますので、是非最後までお楽しみください!

結成から20周年「どのライブも手を抜けなかった」

――まずは結成のキッカケについて教えてください。

TAKUYA∞さん(以下、TAKUYA∞):僕たちは全員、地元が一緒で、それぞれが10代前半から音楽をやっていたんです。

克哉さん(以下、克哉):地元でバンドをやるとなると、ライブハウスも限られてくるし、すごくコミュニティが狭いんですよね。

TAKUYA∞:だからキッカケというキッカケはなくて、本当に自然と出逢って、自然と一緒になっていきました。

uverworld02.jpg

――UVERworldというバンド名を考えられたのは?

彰さん(以下、彰):僕ですね。大きい意味を持つ名前にしたくて、「自分たちの世界を超える」という思いを込めて、『UVER』というドイツ語を使いました。名前を考えるにあたって、いろんなものを参考にしていきましたね。

――そうだったんですね。他の皆さんは、彰さんが提案した名前で満場一致だったのでしょうか?

TAKUYA∞:そうですね。名前を決めるとき、皆ふざけていたんですよ。だから、やっとまともな名前が出てきたなって思いましたね。

克哉:それ以外が本当に最悪でしたから(笑)。

――例えば、どのような?

克哉:真太郎はもうそれいいからってくらい、ずっと同じ名前を推してきていて。

真太郎さん(以下、真太郎):そうですね。でも僕が提案した名前は、すでに他のバンドが使っていて(笑)、だから却下になってしまいました。

TAKUYA∞:僕は「グルメ」の一点張りでした。

克哉:めっちゃふざけてるでしょ(笑)。「どうもグルメです」って挨拶したら、バンドじゃなくてお笑い芸人さんかと思われてしまう。そんな中で、唯一まともだったのが「UVERworld」だったんです。結局、名前を決めるのに3日以上かかったよね。

uverworld03.jpg

――彰さんも、そのときは自分がちゃんとしたものを出さないとなと、思っていたりしたのですか?

:それはありますね(笑)。このままだと決まらんなぁって。

克哉:あはは。

――普段からも、そういうときは率先してまとめるタイプ?

:いや、そのときだけですね。なぜか名前を決めるときは、皆、過剰にふざけていたので(笑)。

――今年は結成から20周年となりますが、振り返ってみていかがでしょうか?

誠果さん(以下、誠果):20年って感じないですね。数字にしたら長いですけど、体感的には10年も経っていないなと。僕よりも、もっと早く感じているメンバーもいると思いますし、ここまであっという間でしたね。

信人さん(以下、信人):本当にあっという間でしたね。毎年、曲を作ってツアーをして、気づけば一年が終わっているので。いつの間にか20年が経っていました。

――改めて、UVERworldの音楽性についても教えていただけますか?

TAKUYA∞:独自のものを作れてこれたのかなと思っています。ロックバンドであることは間違いないですが、そこにバンドサウンド以外の、ピアノ、シンセサイザー、バイオリンなどを入れていますし、ジャンルレスなのかなと。自分たち独自のスタイルを作ってこれたと思うので、僕らがどんな音楽をやっているのか、僕らが一体、何者なのかというのは、ぜひ音楽を聴いて判断してほしいですね。

――ライブで心がけていることはありますか?

TAKUYA∞:僕たちは本当にライブが好きで、この6人で音楽をすることが好きなんですよね。先ほども20周年という話がありましたけど、これまでのライブを振り返ってみても、どのライブも、手を抜こうと思っても抜けませんでした。どのライブも、本気で挑んでいるというのが、心がけていることですかね。

UVERworldがよく使うLINEスタンプは?

――皆さんはLINEのトークアプリは使っていらっしゃいますか?

TAKUYA∞:実は、僕は去年、始めたんですよ! 海外の友人が増えてきていて、その人達とやりとりをするのには、一番LINEが便利だなと思って。

――ちなみにUVERworldさんはLINE公式アカウントをお持ちですが、TAKUYA∞さんも友達追加はされていますか?

uverworld04.jpg

TAKUYA∞:いや、そういう機能は分からないです(笑)。まだ使いこなせていなくて。

克哉:始めたばかりだからね(笑)。

――克哉さん、真太郎さん、信人さんは、LINEを使われていないそうですが、参考までに使っていない理由をお聞きしてもいいでしょうか......?

克哉:それよく聞かれるんですよね(笑)。僕はショートメッセージで連絡を取っているので、それで事足りてしまっているんですよね。

TAKUYA∞:LINEを始める去年までは、僕も友人たちから"最後のショートメッセージの人"とか言われていたんですよ。ショートメッセージが来たらTAKUYA∞だ、みたいな。そういう枠も実は結構、好きだったんですけどね(笑)。

一同:(笑)。

TAKUYA∞:まぁでも、LINEも始めましたし、去年はInstagramも始めましたしね。化石どもはほっといて、次の時代に行きましょう!

克哉:マジで化石だよな(笑)。別に使いたくないとかではないんだけどね。

誠果:メンバー同士のやりとりも、ショートメッセージで済むしね。

真太郎:僕はLINEするほど友達いないので。

一同:(笑)。

――LINEを使っていただているTAKUYA∞さん、誠果さん、彰さんにお伺いしたいのですが、よく使うLINEスタンプはありますか?

TAKUYA∞:僕はデフォルトで入っているグッドマークしか使っていないですね。

uverworld05.jpg

誠果:僕はデフォルトで入っているコニーが悪そうな顔しているやつをよく使います。あれ好きなんですよね。

uverworld06.jpg

:スタンプはそんなに使っていなくて、「トイ・ストーリー」の絵文字を使っています。

――LINE絵文字をお使いになられているんですね。それはLINE上級者です!

:本当ですか?(笑)

克哉:上級者とかあるんだ。

誠果:絵文字は切り替えの場所が分かりづらいですもんね。僕はアルバム機能もよく使っています。

uverworld07.jpg

――ありがとうございます!真太郎さん、信人さん、克哉さんは、どういう機能がLINEに追加されたら使いたくなると思いますか?

真太郎:友達が増えるならやろうかな。

克哉:それはお前次第だわ!

一同:(笑)。

信人:手で打たんでいいんだったら使いたいですね。

誠果:それはもうあるよ! 音声入力できるから。

信人:そうなんですね(笑)。あえて遠ざけているわけではないんですけど、生活で困っていないから、やっていないだけなんですよね。

TAKUYA∞:彼は田舎者なので(笑)。化石だから。

信人:そうなんです。まだ藁の家に住んでるんで。

一同:(笑)。

uverworld08.jpg

新曲『AS ONE』のテーマは「疾走感とダークさ」

――貴重なお話ありがとうございました。ではここからは、映画『仮面病棟』の主題歌となっている、3月4日(水)リリースの新曲『AS ONE』についてもお伺いしていければと。オファーがきたときの印象はいかがでしたか?

TAKUYA∞:原作の『仮面病棟』が発行部数も多い人気の作品ということでしたので、しっかりと世界観にあったものを作りたいなと思いましたね。

:最初にこのお話をいただいたときに、映画のスタッフの方が、僕たちに説明しにきてくれたんですけど、滝の汗を掻きながら話をしてくれていて。僕たちにやってほしいという真剣さがすごく伝わってきたので、良いものにしようと思ったのを覚えています。

――こういう曲にしてほしい等、リクエストはあったんでしょうか?

TAKUYA∞:キーワードとして、疾走感とダークさ、というのはいただきました。そこから、曲作りをしていきましたね。僕たちの楽曲は、わりとハッピーなメッセージのものが多いんですけど、今回はダークな目線を意識して、光と影はどこから生じるんだろうか、もしかしたら、善も悪も同じところから生まれているんじゃないか、というテーマで書いていきました。

真太郎:最初にデモで聞いたときに、単純に自分たちの楽曲としてカッコいいなと思いましたね。映画の予告編で曲が流れているのを聞いて、世界観にもあっているなと。

克哉:最初はスクエアなリズムだったんですけど、そこからシャッフルビートにしたらおもしろそうやなと思って変えていったりもしました。結果、映画にマッチした楽曲になったなと思いましたね。

――最後に改めて、『AS ONE』のリリースと、映画『仮面病棟』の公開を楽しみにしているファンの皆さんへ向けて、メッセージをお願いします。

TAKUYA∞:実は、僕たちはまだ完成した映画を観ていないんです。劇場で、皆さんと同じように観たいなと思っていて、皆さんと同じように楽しむ準備をしています。映画ももちろん楽しみですし、自分たちの音楽がどう使われているのかも楽しみです。『AS ONE』と映画『仮面病棟』、どちらもぜひ、よろしくお願いします!

――本日はありがとうございました!

(撮影/クマ、取材・文/榎本麻紀恵)

映画『仮面病棟』作品情報
その日、病院は仮面の凶悪犯に占拠された-―。
主演・坂口健太郎 × 永野芽郁で贈る現役医師が描く傑作ベストセラーミステリー、映画化!
全ての謎を解くまでこの病院からは、決して逃れられない、体感ミステリー!
3月6日(金)ロードショー
映画『仮面病棟』公式サイト

「UVERworld」LINEアイテムも発売中!

UVERworldの可愛いLINEスタンプやクールなLINE着せ替えも現在販売中です!
インタビューやキャンペーンとあわせて、是非チェックしてみてくださいね。

UPDATE 2020.03.06

この記事をシェアする