大人気「JO1」が再び登場!第二弾オリジナルLINEスタンプ発売記念特別インタビュー

UPDATE 2020.11.26

今年3月4日にメジャーデビューを果たした、11人組グローバルボーイズグループJO1。

1stシングル『PROTOSTAR』、8月26日に発売した2ndシングル『STARGAZER』は共にオリコン初登場1位を飾り、大ヒットとなりました。

そしてなんと、11月25日にはJAM(=JO1のファンネーム)待望の1stアルバム『The STAR』をリリース!LINEスタンプでは、『The STAR』リリース記念として11月26日よりJO1オリジナルスタンプ第二弾を発売します!

jo1_001_resize.jpg

3月には第一弾オリジナルLINEスタンプリリース記念として、デビュー直前の心境やオリジナルスタンプに込められた思いを語ってくれた彼らでしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、従来のような形式でのライブやイベントを開催できない状況下にあった2020年。

それでも人気はとどまるところを知らず、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いを見せるJO1にとって、今年はどんな一年だったのか...。オリジナルスタンプ第二弾発売記念として、今回再び特別インタビューを実施しました。

デビューから8ヶ月が経った今の心境や今後のJO1について、さらに第二弾となるオリジナルLINEスタンプの魅力や普段よく使用するお気に入りスタンプの話など、今の彼らが詰まったインタビューとなっております!ぜひご覧ください!

JO1のお気に入りスタンプは...

――オリジナル LINEスタンプ第二弾の発売、おめでとうございます。第一弾のLINEスタンプ(JO1 and me ♪ voice)をご自身で使用することはありますか?

大平:はい、JO1のスタンプは全て使っています!

jo1_vol1.PNG

>第一弾LINEスタンプ「JO1 and me ♪ voice 」

――ありがとうございます!今回発売される第二弾スタンプのこだわりポイントはどこでしょうか?

鶴房:使うタイミングが少し難しいけど、ここぞというときに送らずにはいられなくなるような、そんな"気持ち良さ"が最大のポイントです。

jo1_vol2sticker-2.PNG

――送り合うのが待ちきれなくなるようなスタンプですね。メンバー同士のLINEのやり取りで、特に印象的なエピソードはありますか?

佐藤:地震が起きたときにメンバーのグループラインが稼働して、みんなで一斉に「怖い...!」と送り合ったことが印象に残っています。

――確かに、一人でいるときに地震が起きると心細いですよね。それでは、最近よく使用するお気に入りスタンプを教えてください。

木全:"めんトリスタンプ"です。

jo1_mendori.png

鶴房:暴言敬語☆ディスまるくんスタンプ。言葉遣いはちょっと荒っぽいんですけど、おもしろくてよく使っています。

jo1_kusa.png

金城:"金城スタンプ"をよく使います。理由は金城だからです。

jo1_kinjyo.png

大平:このブラウンのスタンプ(ブラウン・コニー)をよく使っています!

jo1_brown.png

與那城:(BT21の)RJがお辞儀をしているスタンプ(ユニバースター BT21 スペシャル)です。可愛くて受け答えにも使いやすいです!

jo1_BT21.png

佐藤:アドベンチャー・タイムのスタンプと、千鳥さんのスタンプをよく使います。

jo1_adventure.png

jo1_chidori.png

豆原:LINEキャラクターのデフォルトスタンプですね。すごく可愛くて使いやすいです。

jo1_cony.png

白岩:"るきくんスタンプ"です。自分の名前が入っていて可愛いので。

jo1_rukikun.png

川西:"たっくんスタンプ"の『OK』をよく使っています。

jo1_takkun.png

河野:↓こんな顔の絵文字。使っていて幸せになる可愛い絵文字です!

sticon.png

川尻:こんな感じのスタンプです(笑)。絶妙な顔のキャラクターが好きなので。

jo1_kawajiri.png

※イラスト:川尻さん

メンバーとJAMを結ぶ大切な楽曲が詰まった、珠玉のアルバム

jo1_002_resize.jpg

――11月には早くも1stアルバム『The STAR』がリリースされますが、アルバム発売が決定したときのお気持ちを聞かせてください。

川西:こんなに早くリリースできるとは思っていなかったので、本当に周りの方に感謝しています。

――アルバムに収録されている楽曲の中で、お気に入りの曲や思い入れの強い曲はありますか?

河野:『Be with you (足跡)』です。僕たちJO1がデビューして1年が経とうとしています。まだまだではありますが、色々な道のりをメンバーやJAMと歩んできて、これまでの「ありがとう」という思いと、これからも一緒に歩んでいきたいという思いが込められた、JO1にとって本当に大切な一曲です。

忘れられない歓声――「またJAMに会いたい」

――さて、デビューから約8ヶ月が過ぎましたが、心境の変化や活動していく中で感じたメンバーの成長、新たな一面などはありますか?

川尻:コロナの影響でファンのみなさんに会えないので、どうしたら僕たちの姿を届けられるかを、より考えるようになりました。

ダンスの面では豆(豆原一成)と拓実(川西拓実)によく助けられています!

――今年はみなさんが全員で集まることすらできない期間もあったかと思います。STAY HOME期間中はどのように過ごされていましたか?

白岩:自分のスキルアップや、勉強のために時間を使っていました。

――活動のためにエネルギーを蓄えていたのですね。JO1といえば、メンバー同士の仲の良さも魅力のひとつですが、特に"推しメン"がいましたら教えてください。

木全:全員推しメンです!これ、マジで。

――JO1を一言で表すとしたら、どんなグループだと思いますか?

與那城:日本を代表する、唯一無二のボーイズグループです!!

jo1_003_resize.jpg

――JO1として活動する中で、特に印象深いできごとを教えてください。

金城:デビューしてすぐにファンミーティングをしたことです。コロナの影響でファンのみんなと直接接することができなくなってしまったので、僕たちもファンのみんなも先が見えない状態で過ごしていますが、あのときの歓声はいまだに忘れられないですね。世の中が落ち着いたら、またJAMに会いたいです。

――JAMのみなさんもパワーアップし続けるJO1に直接会える日を心待ちにしていると思います。では最後に、一足早いですが来年挑戦してみたいことを教えてください。

豆原:ミステリアスな曲をやってみたいです。ツアーとかもやりたいです。

――ありがとうございました!

1stアルバム『The STAR』は、いよいよ11月25日発売!アルバム発売のお祝いにJO1オリジナルスタンプ第二弾をダウンロードして、JAM活を彩ってみてはいかがでしょうか♪

JO1オリジナルLINEスタンプ第二弾はコチラ

▼JO1 1stアルバム『The STAR』

jo1_all.png

▼1stアルバム 『The STAR』リード曲 「Shine A Light」MV

さらに12月19日にはJO1初のオンライン単独ライブ「STARLIGHT」が開催予定!直接交流することが難しい状況ながらも、実現可能な方法でJAMとの交流を深めようと、ますます盛りあがりを見せるJO1。これから先のさらなる飛躍に期待が高まります!

jo1_004_resize.jpg

JO1とは

2019年に社会現象を巻き起こした日本最大級のオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』で、視聴者である"国民プロデューサー"によって101名の中から選ばれた11名で結成されたグローバルボーイズグループ。

グループ名『JO1(ジェイオーワン)』には、『PRODUCE 101 JAPAN』で一緒に夢を目指した練習生たちが1つになって、世界の頂点を目指していくという意味が込められている。


関連記事

UPDATE 2020.11.26

この記事をシェアする