LINEの乗っ取り被害を防ぐために!確認しておきたい3つのこと

UPDATE 2022.06.09

LINEの乗っ取り被害にあわないための対策と対処法を知っておきましょう

line_security_00.jpg

LINEのアカウントを乗っ取られてしまうと、他人が自分になりすまして友だちを攻撃したり、アカウントを勝手に使われてしまう恐れがあります。そこで今回、LINEの乗っ取りを未然に防ぐため、日頃から講じておきたい対策や不審なログインの確認方法、そして乗っ取りをされてしまったときの対処方をお伝えしていきます。

サイバー防災訓練に参加してスタンプをゲットしよう!

現在、インターネット上の防災・防犯意識の啓発をするサイバー防災訓練も実施中!『サイバー防災』特設サイトでは、「しろまる」と一緒にパスワードの管理やフィッシング詐欺についての正しい知識を学び、3つのミッションをクリアすると期間限定(7/8まで)でLINEスタンプをゲットできます。是非チャレンジしてみましょう!

ミッションにチャレンジする

ログイン許可の設定を変更する

LINEのアカウントは、パソコンやタブレットなど、スマートフォン以外の端末からのログインすることが可能です。この機能はデフォルトではオンになっていますが、オフに設定を変更することで、乗っ取り対策に有効です。

手順

1.[ホーム]>[laicon__gear.png]>[アカウント]をタップ。

line_security_01.jpg

2.[ログイン許可]をオフにする。

line_security_02.jpg

ログイン通知機能を確認する

現在ログインしていない端末からのLINEログインが検知された場合、ご自身のスマートフォンに通知が届きます。身に覚えがないログインがないか、確認しましょう。

確認手順

1.トーク画面から、LINEの公式アカウントをタップ。

line_security_03.png

2.通知内容に身に覚えがあるか確認しましょう。

line_security_04.jpg

身に覚えがないログインを確認した場合

身に覚えがないログインを発見したら、すぐに以下の対策をしましょう。

ログイン中の端末を確認する

LINEのアカウントや関連サービスにログイン中の端末をスマートフォンから確認することができます。見覚えのない端末がある場合は速やかにログアウトしましょう。

確認手順

1.[ホーム]>[laicon__gear.png]>[アカウント]をタップ。

line_security_05.jpg

2.[ログイン中の端末]をタップ。

line_security_06.jpg

3.現在ログイン中の端末一覧が表示されます。見覚えがない端末がないか確認しましょう。

line_security_07.jpg

見覚えがない端末を確認した場合

見覚えがない端末からのログインを発見したら、速やかに [ログアウト]をタップして、パスワードを変更しましょう。

line_security_08.jpg

パスワードの変更方法はこちら>


関連記事

この記事をシェアする