OpenChatを利用する

UPDATE 2020.02.20

共通点がある人同士でトークや情報交換ができます

「OpenChat(オープンチャット)」はLINEの友だちになっていなくてもトークをしたり、情報をキャッチできるサービスです。興味関心事や日常生活に密着した話題について、幅広い場面でコミュニケーションを楽しめます。

OpenChat「5つの特徴」

  • トークルームごとにプロフィールを設定可能です

LINEに登録している名前とプロフィール画像は同期されず、個々に設定することができます。

scenario_1_mama.gif

  • トークルームへの招待がURLやQRコードの共有で簡単にできます

LINEの友だち登録をしなくても、グループトークでコミュニケーションを楽しめます。

  • グループトークには最大5000人まで参加が可能です

※現在のLINEグループでは500人まで参加が可能です。

    • 途中でグループに参加しても、過去のトーク履歴を遡ることができます

  • トークルームごとに公開設定を選択可能です

誰でも参加できる「全体公開」、設定した質問や参加コードを入力することで参加できる「参加の承認」と「参加コードの入力」の3タイプがあり、使用用途に合わせて使い分けることができます。

OpenChatを利用する

ホームタブからはじめる

[サービス]内の[オープンチャット]をタップするとメイン画面へ遷移します。

opcha1.jpg

トークタブからはじめる

1.[トークタブ]>[吹き出しマーク]をタップ。

opcha2.jpg

2.[オープンチャット]をタップ。

opcha3.jpg

3.メイン画面へ遷移します。

トークルームの探し方

  • 「検索」機能で探す

自分の興味があるトークルームをフリーワードで探すことが出来ます。

※フリーワードによる「検索」機能は18歳未満の方と年齢認証を経ていない方は利用いただけません。

opcha4.png

  • 「ピックアップ」から探す

季節に応じたテーマや関心の高いトピックを複数取り上げています。

opcha5.png

  • 「カテゴリー検索」機能で探す

「ゲーム」「スポーツ」「芸能人・有名人」「料理・グルメ」「金融・ビジネス」など20分野以上のカテゴリーを表示。興味のあるカテゴリーをタップすると「ランキング」と「急上昇」のページからそれぞれ活発に動きがあるトークルームを閲覧できます。

opcha6.jpg

気になるトークルームが見つかったら

トークルームに参加してからの利用方法はトークルームの入り方をご覧ください。

トークルームを運営するには

最初にトークルームを作成した人が管理者となります。管理者は、独自機能(※)などを使ってトークルームの環境を整備、運営を行います。また、管理権限を持つ共同管理者を最大100名まで指名することができます。

※管理者の独自機能についてはトークルームを作成するをご覧ください。

OpenChatは安心・安全のためにあらゆる人的及び機械的対策を実施しています。利用方法の面においても、ユーザーの皆様に対し安心・安全な使い方の啓発を続けてまいります。
詳しくは「OpenChat 安心安全ガイド」をご覧ください。

いますぐOpenChatを利用する

※スマートフォンのみ閲覧可能

UPDATE 2020.2.20

この記事をシェアする